オンライン、オフライン教室の特徴

プログラミングスクールを選定する際は比較対象が多々あるので目移りしてしまいやすく、よく調べられないまま申し込みをすると不便を感じたり理想的に技術と知識を習得できない恐れがあるため、まずは難なく通い続けられるように受講スタイルから検討していきましょう。主にプログラミング教室には通学して学ぶいわゆるオフラインとインターネットで学ぶオンライン教室という2つの受講方法が一般的です。

 

ではオンライン、オフライン教室の特徴を見ていきましょう。

 

オフラインスクールの特徴

従来型のオフラインスクールの特徴として挙げられるのは、期間内であれば何度でも通う事が可能であるという事であり、高いスキルを有している講師に何度でも質問できるためわからない箇所をそのままにせずに済むので、深くプログラミングについて知れるようになります。
形式は講義もしくは自主学習の二通りから選ぶ事ができ、講義形式の場合は学校などのように馴染み深い様相で進められていきますが、自主学習の場合だとスクール側から配布されるテキストを使い個人個人が勉強をしていくという様子です。
一方のオンラインスクールの特徴はその名の通りオンライン上で行うというものであり、プログラミングスクールという名称から学習塾のように必ず施設に足を運ばなければならないように感じられますが、インターネットを介して自宅などでも受講できるという画期的な方法です。

 

オンラインスクールの特徴

オンラインスクールは近年増加傾向にある方式なのですが、オンラインスクールが増えている理由はネット接続ができるデバイスがあれば、場所に左右されないという強みによるものです。
IT技術が発展し各所で技術が採用されているためエンジニアの絶対数が慢性的に不足しており、都市部では至る所にオフラインスクールがあるといった状況ですが、地方ではスクールが無くて学びたくても学べないという方が多いというジレンマに陥っています。
オンラインスクールだとそうした立地によって学ぶ機会が失われてしまうといった懸念が払拭できますし、たとえテキストの文面上のみでは理解が難しい問題に陥ってしまってもビデオチャットを接続すれば直接お話しているようにアドバイスが頂けます。

 

パソコンを購入するときは

プログラミングを学ぶためには、パソコンが必要です。パソコンを選ぶ時には、パソコン本体の性能はもちろんですが、OSで選ぶ必要もあります。スクールなどで学ぶ場合には、Macを指定しているところもあります。パソコンの貸出を行っているスクールもありますが、スクール外でもプログラミングを学びたいという場合には、Macは必需品です。古いタイプは安く購入することが出来ますが、性能が不十分である場合がありますので、ある程度新しいものを購入しましょう。